meguri

花田 弘毅

大学卒業後、某SIerでインフラ系のSEとして約4年間勤務。月150時間の残業を経験し、自分らしい働き方や人間らしい働き方を意識し始め、meguriと出逢う。
meguriの業務と併行し、日本の伝統を後世まで残すため、株式会社musubyを設立。日本製品の海外への輸出事業を行う。また、家と職場だけでなくもう一つの居場所作りとして、渋谷にあるENcounter shibuyaの運営にも携わり、時にはバーテンダーとして店に立つ。
meguriではSE時代に培ったスキルや持ち前のコミュニケーション能力で活躍。一方、毎月のようにタイへ渡航することから、「タイ人」と呼ばれ親しまれる。