meguri

須田 瑞穂

大学在学中に消費社会学を学び、消費社会構造の根底であるエネルギー問題に興味を持つ。
再生可能エネルギーの政策系NPOや事業会社でインターンを経験し、「環境」を軸に持続可能な社会の在り方を学ぶため、デンマークへ半年間留学。環境だけでなく「人」の持続可能性に関わる医療、福祉、教育、働き方など社会の多様な面で、人々の幸せにつながる仕組みに触れる。
帰国後、柔軟な社会の実現に貢献したいとmeguriに出逢う。
地元の北海道で新規事業の立ち上げに向け、現在修行中。